宮城のニュース

<J1仙台>藤村FWで先発へ

最終調整でヘディングの練習に取り組む藤村

 藤村に2トップでの先発が巡ってきた。本職はボランチだが、野沢が負傷、ウイルソンは不調のための起用。才能を高く評価されながらも、いまひとつ結果を残せていないプロ5年目は「拓さん(野沢)と同じプレーはできない。でも、自分のできることはやる」。言葉に熱が帯びる。
 FWでの先発は、昨年4月のカップ戦、清水戦以来。当時を「ほとんど覚えていない」と振り返りながらも、7日の紅白戦では同位置で存在感を発揮した。
 前線でためをつくり、スピードに乗ったハモンロペスへ絶妙なスルーパス。ゴール前に駆け上がり、ゴールも決めた。「ハモンは裏に抜け出してくれる。それに合わせてパスを出す。G大阪が嫌がる場所へボールをさばく」と狙いは明確だ。
 先発出場がなかった昨季に対し、今季は既に2試合に先発。「例年になくいい経験をさせてもらっている。勝利に貢献したい」と鼻息は荒い。
 渡辺監督は「ボランチで勝負させたいが、FWでも良さは発揮できると思う。強みを生かせる所で、力を出してほしい」と話した。指揮官の親心、サポーターの期待に応えたい。(狭間優作)


2016年07月09日土曜日


先頭に戻る