広域のニュース

<奥羽新幹線>早期実現求め同盟会発足

 奥羽新幹線(福島−秋田)の早期実現を求める「米沢市奥羽新幹線整備実現同盟会」が発足した。今後、地域ぐるみで活動を展開する。
 「山形県奥羽・羽越新幹線整備実現同盟」が5月にできたのを受け、米沢市と米沢商工会議所が発起人となり組織づくりを進め、約40団体・個人が加わった。
 市内であった設立総会で、会長に就いた中川勝市長は「地域発展への土台に、フル規格新幹線の整備は欠かせない。米沢は山形県の玄関口であり、実現に向けて働き掛けていきたい」と述べた。
 フル規格による奥羽新幹線の基本計画は1973年に決定されたが、着工に結び付く整備計画にはなっていない。


関連ページ: 広域 政治・行政

2016年07月09日土曜日


先頭に戻る