宮城のニュース

<参院選宮城>深夜にも大勢判明

 参院選は10日、宮城県内935カ所で投票が行われ、即日開票される。投票時間は午前7時〜午後8時で、全投票所の半数を超える469カ所で投票終了時刻を1〜4時間繰り上げる。宮城選挙区(改選数1)の大勢判明は、10日深夜から11日未明になる見通し。
 開票作業は市区町村ごとに実施し、選挙区は11日午前1時までに終わる予定。今回から改選数が2から1に減り、与野党2候補による接戦となっているため、議席が確定するのは11日にずれ込む可能性がある。
 県選管がまとめた開票開始と終了予定時刻は表の通り。39市区町村中、白石市や蔵王町など18市町村が午後8時に開票を始め、午後9時40分までに全市区町村で開票作業に入る。
 選挙区の開票は、仙台市の青葉、宮城野、太白、泉の4区以外は11日午前0時までに終わる予定。宮城野区は0時15分、太白、泉両区は0時半で、2014年衆院選で白票を水増しする不祥事があった青葉区は1時の終了を見込んでいる。
 比例代表は白石市や蔵王町など20市町村で10日中に終了する見通し。19市町は11日未明の予定で、気仙沼市が午前4時で最も遅い。


2016年07月10日日曜日


先頭に戻る