宮城のニュース

<18歳選挙権>適当に投票できず 私は棄権

新有権者たちは、さまざまな思いで「1票のリアル」に向き合った=10日午後、仙台市青葉区の定禅寺通(写真と本文は関係ありません)

 国政選挙で初の18歳選挙権が導入された参院選では、メディアなどで政治意識の高い若者たちの露出が目立ったが、投票に行かなかった18、19歳も多い。棄権を選択した事情や胸の内を聞いた。
 仙台市太白区の大学1年の男子学生(18)は体育会のソフトボール部に所属し、10日は練習試合だった。来月の全国大会を控え、新入りが休めるはずがない。
 それでも、宮城県加美町の実家に暮らしていれば親に連れられて投票に行き、親が支持する候補者の名前を書いたはずだ。今回は「適当に票を入れる方が無責任」という思いに駆られ、やめた。
 進学校に通った高校時代もソフトボール部に所属した。勉強と部活に明け暮れ、政治のことを考える時間がなかった。今は大学の講義に付いていくのに精いっぱいで、アルバイトをする余裕がない。
 「社会をどうこう言えるほど社会経験がない。世の中のことを知らない」。就職して家庭を持ち、人生観や社会観を確立したら投票に行くかもしれないが、そんな自分の姿を今は思い描けない。
 青葉区の東北大2年の女子学生(19)は、東海地方の実家に住民票を残したままだ。不在者投票を使えば1票を投じることができたが、郵送の手間をかけてまで投票する意味を感じられなかった。
 「そこまで政治に興味があるわけではないし、どの政党がどんな政策を打ち出しているのかもよく分かっていない」
 部活の練習とアルバイトで平日の帰宅時間は午後11時ごろ。目まぐるしく日々が過ぎ、進んで政治について調べる気になれなかった。
 卒業後は地元で就職し、ゆくゆくは仕事と家庭を両立させるつもりだ。待機児童を巡るニュースを見聞きして不安を覚えたが、「今の私にとっては、まだ現実味がない」と、投票権の行使には結び付かなかった。


2016年07月11日月曜日


先頭に戻る