宮城のニュース

<名取市長選>山田氏「名取を変える」

 「ついにやった。これで名取が変わる」。10日午後11時40分ごろ、名取市手倉田の山田司郎さん(53)の事務所に吉報が届くと、詰め掛けた支持者ら約200人は歓喜の声を上げた。
 大きな拍手で迎えられた山田さんは「皆さんの思いが積み重なり勝利することができた。ありがとうございました」と深々と一礼。「これからも皆さんからたくさん話をうかがって、市民と一緒に名取を変えていきたい」と紅潮した面持ちで語った。
 2008年と12年の名取市議選で連続トップ当選を果たしたとはいえ、市内全域への浸透が必要な市長選は「未知の領域」。選挙準備を始めた時点では「現職の姿は小さな点にしか見えなかった」が、復興の遅れと現地再建にこだわる手法を批判し続け、急速に支持を伸ばしていった。
 支持者と万歳し、祝福の花束を受け取って、ようやく硬さが取れてきた山田さん。学校給食費の段階的無料化や名取スポーツパークの再開、仙台市地下鉄の南進といった復興以外の公約も念頭に、「皆さんの思いを現実にできるよう頑張る」と意気込んだ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月11日月曜日


先頭に戻る