宮城のニュース

<楽天>青山3失点 期待裏切る

7回、ソフトバンク・吉村の犠飛で追加点を許し、さえない表情の東北楽天・青山

 試合の行方がまだ分からない1−3で迎えた七回、東北楽天は一気に突き放された。ブリガムに代わった2番手青山浩二がピリッとせず3失点。前回登板で好投しており、反撃の流れを生むよう期待し送り出した梨田昌孝監督は「(内容が)良くなかった」とぼやいた。
 先頭の本多雄一に四球を与えてしまった。続く松田宣浩、今宮健太の内野安打で満塁に。共に打ち取ったと言ってもいい当たりで不運もあったが、傷口は広がった。
 ここで柳田に中前打を浴びて2失点。ゴロ打球は青山の脇をかすめ、前進守備の二遊間を抜けた。さらに1死満塁から吉村裕基の犠飛で3点目を許した。
 青山は「丁寧に投げ過ぎて、先頭に四球を出したのが一番良くなかった」と苦い表情。試合後に2軍降格を告げられ、「出直したい」と再起を期した。
 ブリガムが6回3失点とまずまずの結果を残しただけに、打線の援護も物足りなかった。約1年ぶりの登板となった大隣の前に、0−1の二回2死一、三塁でオコエ瑠偉が空振り三振、五回は1点を返してなお1死一、二塁で今江敏晃が併殺打に倒れた。「打線もつながらなかった」と梨田昌孝監督。振るわない投打に悩みは深い。(金野正之)


2016年07月11日月曜日


先頭に戻る