宮城のニュース

<楽天>ブリガム 先発の責任果たすも黒星

 約2カ月ぶりに先発した東北楽天のブリガムは6回3失点と先発の責任を果たしたが、敗戦投手に。「いかに失点を防ぐかが課題」と序盤にリードを許したことを悔やんだ。
 一回に内川聖一の中前適時打で先制され、二回には細川亨(青森大出)の左越え適時打で2点目を失った。いずれも高めに浮いた球を捉えられ、「低めに制球ができなかった」と反省した。五回には細川に左越えソロを浴びた。
 六回無死三塁のピンチは連続三振などでしのぎ、粘り強さも見せた。梨田昌孝監督は「真っすぐが良かったし、クイック投法もできるようになっている。先発として、このまま1軍に置く」と一定の評価を与えた。


2016年07月11日月曜日


先頭に戻る