岩手のニュース

<都知事選>増田氏、立候補理由に講演欠席

インターネットを通じてパネル討論に参加した増田氏(右)=一関市の一関文化センター

 東京都知事選(14日告示、31日投開票)に立候補する意向を固めた前岩手県知事で元総務相の増田寛也氏(64)は9日、岩手県一関市内で予定していた講演に出席できず、代わりにインターネット中継で討論に参加した。「都知事選への立候補を迫られている」と述べ、理解を求めた。
 増田氏は午前、東京のスタジオから同市であった日本青年会議所岩手ブロック大会に出演。映像が映し出されたスクリーンを通じ、「報道の通りで、全くの私事でご迷惑を掛け、おわびしたい」と語った。
 約1時間半、人口減少と地方創生をテーマとした講演とパネル討論に参加。「出生率の向上には、働き方の意識改革や若い世代への配慮など社会的な取り組みが重要だ」と指摘した。
 同日は午後にも市内の別の場所で、地元住民団体が企画した講演会に出席予定だったが、取りやめた。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年07月10日日曜日


先頭に戻る