秋田のニュース

<参院選秋田>期日前投票で用紙を紛失か

 横手市選管と秋田県小坂町選管は9日、参院選の期日前投票で、それぞれ投票用紙が規定の枚数より1枚足りなくなっていることが判明したと発表した。
 市選管によると、8日午後2時20分ごろ、市内のイオンスーパーセンター横手南店内の期日前投票所で、投票管理者の職務代理者が投票用紙の交付枚数を確認したところ、秋田選挙区分の投票用紙1枚が不足していることが分かった。
 また、町選管によると、9日午後3時10分ごろ、町役場の期日前投票所で、投票事務従事者が投票用紙の交付枚数を数えた際、選挙区の投票用紙1枚が足りないことに気付いた。
 各選管は、来場した有権者に誤って投票用紙2枚を交付したか、紛失したかのどちらかだとしている。


2016年07月10日日曜日


先頭に戻る