福島のニュース

観光バスが事故 乗客ら12人軽傷

 9日午前9時35分ごろ、福島県西郷村真船の国道289号のトンネル内で、「ナガツマ観光バス」(茨城県坂東市)の中型バス(小林定夫運転手)が右側ガードレールに衝突した。乗っていた13人のうち、運転手を除く添乗員と50〜70代の乗客計12人が病院に搬送された。いずれも軽傷とみられる。
 白河署によると、バスは茨城県筑西市を出発し、福島県下郷町の観光名所「大内宿」に向かっていた。現場は緩やかに上る左カーブで、同署が詳しい原因を調べている。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月10日日曜日


先頭に戻る