広域のニュース

<参院選東北>期日前 青森64%増

 東北の各県選管は、参院選の期日前投票の中間状況(8日現在)をまとめた。6県の投票者総数は116万7138人で、前回2013年の同時期(投開票2日前)に比べ28万15人(31.6%)増えた。東北全体の投票率は15.18%。
 各県の投票者数と増加率は表の通り。増加率は青森が64.5%で最も高い。
 同日現在の投票率は、秋田が24.3%(前回比5.9ポイント上昇)で最高。次いで福島15.8%、青森14.3%、岩手13.5%、山形13.5%、宮城12.8%の順で、2.5〜5.7ポイント伸びている。


2016年07月10日日曜日


先頭に戻る