広域のニュース

<都知事選>増田氏出馬へ 自民都連が擁立

増田寛也氏

 前岩手県知事で元総務相の増田寛也氏(64)が11日、東京都庁で記者会見し、都知事選(14日告示、31日投開票)への出馬を正式に表明した。
 増田氏は会見で、これまでの都知事が相次いで任期途中で辞職したことに言及し「今、東京に必要なのは積み上がった課題を早く解決することだ」と強調。子育て、超高齢化社会、災害の三つの不安解消を目指し、三つの成長プランを実現するとの考えを示した。
 成長プランとして(1)2020年東京五輪・パラリンピックの成功(2)観光産業の成長で東京を世界有数の観光都市に(3)東京五輪のエネルギーを20年以降の次の成功につなげるための街づくり−を掲げた。
 増田氏は東京都生まれ。東大卒。旧建設省を経て1995年から岩手県知事を3期12年務めた。退任後、第1次安倍、福田両内閣で総務相。日本創成会議座長として東京一極集中や人口減少、少子高齢化に警鐘を鳴らす報告書を発表している。
 自民党都連は11日午前、都内で会合を開き、10日夜に推薦依頼があった増田氏の擁立を正式に決めた。自民党は、元防衛相の小池百合子衆院議員(63)=東京10区選出=が既に出馬表明しており、分裂選挙となる。
 増田氏は11日、公明党都本部に推薦を要請。幅広く支援を求めていく考えだ。


関連ページ: 広域 政治・行政

2016年07月11日月曜日


先頭に戻る