宮城のニュース

<楽天>外国人先発 いまだ勝利ゼロ

4回、西武・メヒア(中央)に本塁打を浴びた東北楽天・レイ

 前半戦最後のカードとなる西武戦。東北楽天は後半戦で巻き返すためにも3連勝したかったが、初戦でつまずいた。「相手は岸(孝之)=東北学院大出=だから2点までで抑えてくれないと」という梨田昌孝監督の期待に反して、先発レイが三〜五回に1点ずつの計3失点。中盤で皮算用が狂った。
 レイは持ち味の制球力が影を潜め、毎回走者を出す苦しい展開を強いられた。一、二回こそ西武の拙攻に助けられたが、三回は先頭秋山翔吾(八戸大出)が微妙な判定で内野安打となったのを契機に無死一、三塁を招き、三ゴロ併殺の間に先制された。四回は「狙った所に投げ切れた」と自信を込めた外角低めの直球をメヒアに捉えられ、中越えソロを浴びた。
 「あっという間の失点で痛かった」と梨田監督が悔やんだのが五回の3失点目。2死無走者から、浅村を2球で追い込んだ後、右中間二塁打を浴びた。中村には初球のスライダーをあっさりと左前に運ばれた。
 右腕が「粘りの投球はできた」と振り返った通り、5回3失点はある程度先発の責任を果たした数字ではあるが、結果は黒星。これでレイ、ブリガム、リズの外国人投手が先発した今季9戦に全敗した。外国人の先発が戦力になり切れていない現実を改めて見たような試合になった。(佐藤理史)


2016年07月12日火曜日


先頭に戻る