宮城のニュース

<高校野球宮城>宮城工猛攻コールド

 ▽1回戦(仙台市民)

宮城工20001005=8
仙台東10000000=1
(八回コールドゲーム)

 【評】宮城工がコールド勝ち。3−1の八回、1死二塁から佐藤大が右前適時打。さらに満塁にした後、及川、菅井、下原の3連打で4点を奪い、試合を決めた。仙台東は3安打と打線が湿った。

 仙台東・内海(中盤まで力投を見せたが、八回に5安打5失点と崩れてコールド負け)「ピンチでも逃げずに内角を突く投球はできたが、打者はうまく腕を畳んで打ち込んできた。相手が一枚上だった」


2016年07月12日火曜日


先頭に戻る