山形のニュース

<参院選山形>作業ミスで開票2時間遅れ

 10日投開票された参院選で、米沢、上山両市の山形選挙区(改選数1)の開票作業がミスなどで遅れた。この影響で選挙区の選管最終が午前2時27分と、予定より2時間近くずれ込んだ。
 米沢市は投票者数に誤りがあり、市の選管最終が2時間9分遅れて11日午前1時34分だった。市選管によると、投票日に点字投票した男性1人、8日に在外投票したフランス在住の女性1人をそれぞれ投票者数に入れていなかった。事務職員による記入ミスという。
 上山市では選挙区の投票箱に、フェルトペンで政党名と候補者名を書いたメモ用紙が交じっているのが見つかり、市の選管最終が予定より54分遅い10日午後11時9分となった。市選管は候補者などを控えてきたメモ用紙を誤って入れたとみている。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年07月12日火曜日


先頭に戻る