宮城のニュース

<楽天>藤田「満塁男」面目躍如の一打

7回楽天2死満塁、藤田が左中間に走者一掃の二塁打を放つ

 東北楽天の藤田一也が2−1の七回2死満塁から、3点二塁打を放ち、勝利を決定づけた。低めの変化球にうまくバットを合わせ、左中間へ運んだ。「最高の結果になって良かった」と笑顔を見せた。
 打線は西武先発ポーリーノの力のある直球に手を焼き、二〜六回は無安打で追加点を奪えない。七回も1死満塁から岡島が倒れ、嫌な空気が漂いかけたが「次の1点で展開が大きく変わる。いい緊張感の中で、集中力を出せた」。今季も満塁で6打数3安打7打点。まさに「満塁男」の面目躍如の一打だった。


2016年07月13日水曜日


先頭に戻る