宮城のニュース

<高校野球宮城>延長10回亘理勝利

 ▽2回戦(仙台市民)

亘  理000001100
大崎中央001000100
    1−3
    0−2
(延長十回)

 【評】亘理が延長の末に競り勝った。2−2の十回2死一、二塁から大和田が中前に決勝打を放った。先発斉田は10安打を浴びながら要所を締め、2失点完投。大崎中央は14残塁と好機を生かし切れなかった。

<2年生バッテリー笑顔>
 亘理の勝利の立役者は、先発斉田と捕手大和田の2年生バッテリーだった。斉田は「最初から全力で投げた」と小気味良い投球を披露。2失点で完投し「接戦を勝てたのは自信になる」と笑顔で話した。
 延長十回に勝ち越し打を放った大和田は「高めのカーブにうまく合わせることができた」。打席に入る前、次打者斉田から「(援護を)よろしく」と声を掛けられたといい、「打ててよかった」とこちらも笑顔だった。


2016年07月13日水曜日


先頭に戻る