宮城のニュース

<高校野球宮城>白石工、仙台向山下す

仙台向山−白石工 4回裏白石工2死満塁、阿部の右越え三塁打で三走と二走に続き、一走高橋が生還する。奥は仙台向山の2番手深沢。捕手片柳=鹿島台中央

 第4日は13日、大崎市の鹿島台中央野球場と仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦が行われ、白石工、本吉響・気仙沼西、石巻が3回戦に勝ち進んだ。
 白石工は仙台向山に8−0で七回コールド勝ちした。四回、3四球で築いた2死満塁から、阿部の走者一掃の右越え三塁打など打者12人の猛攻で8得点。先発阿部は3安打零封した。
 本吉響・気仙沼西は岩出山を11−0の七回コールドで破り、宮城大会の連合チームとして初勝利を飾った。二回、市川、石川、阿部の適時打で3点を先取し、三回以降も得点を重ねた。
 石巻は伊具に5−2で快勝。三回2死一、二塁から阿部修の左前打で先制し、2−0の六回は西牧の適時打や内野安打などで3点を加え、試合を決定づけた。

 ▽2回戦
仙台向山 0000000=0
白石工  000800×=8
(七回コールドゲーム)

本吉響・気仙沼西 0331004=11
岩出山      0000000= 0
(七回コールドゲーム)

伊具 000000002=2
石巻 00110300×=5


2016年07月13日水曜日


先頭に戻る