福島のニュース

<南相馬避難解除>心を一つに進もう

式典で東日本大震災の犠牲者に黙とうを捧げる住民や関係者たち=12日午前7時35分ごろ、南相馬市小高区のJR小高駅前

 東京電力福島第1原発事故に伴い南相馬市の一部に出ていた避難指示が12日、解除された。1万人を超えていた住民の帰還、コミュニティー再生に向けた取り組みが本格化する。
 全域で住民避難が続いていた同市小高区では同日、地域復興を願うセレモニーが行われた。桜井勝延市長が「解除はゴールではなくスタート。心を一つに進もう」と呼び掛け、住民ら約150人と万歳を唱えた。
 解除されたのは避難指示解除準備区域と居住制限区域。小高区のほか同市原町区の一部が含まれる。7月1日現在の人口は1万807人(3487世帯)。帰還困難区域(1世帯2人)の避難指示は継続される。
 解除は福島県葛尾村、川内村などに続き6例目。県内では他に6町村で住民避難が続く。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月13日水曜日


先頭に戻る