宮城のニュース

<ベガルタ>興梠に決められる

 仙台が試合終了間際に失点し4連敗を喫した。前半は序盤から積極的に攻撃した。FWハモンロペスを起点に再三の好機をつくったが、ゴール前で精度を欠き、得点できなかった。後半も猛攻を掛けたが、ロスタイムに入って、ゴール前に駆け上がった興梠に決勝点を許した。

▽ユアスタ
浦和 1 0−0 0 仙台
     1−0
▽得点経過
 後48分 1−0 興梠(10)
▽観衆 14,056人

<責任感じている/仙台・渡辺晋監督の話>
 勝ち点1は少なくとも取らないといけない試合だった。私の力不足。大きな責任を感じている。もっと強引にシュートを打ってもよかった。新潟戦に向け、短い期間だが調整したい。

<運を引き寄せた/浦和・ペトロビッチ監督の話>
 長くアウェー仙台戦は勝てていなかったので難しいゲームになると思っていた。互いに攻め合う中、終了間際に得点できたのは運があったから。選手たちが運を引き寄せた。

☆ベガルタみっくすぞーん
<MF佐々木匠(終了間際にホーム戦デビューを飾り)>
 「少ない時間だったが、夢だったユアスタの舞台に立てたのは率直にうれしい。けが人が多い中で若手が頑張らないといけない。プロとして求められるボール、アシストを決められるようになりたい」


2016年07月14日木曜日


先頭に戻る