宮城のニュース

<楽天>4位で折り返し

 東北楽天は逆転勝ちし、前半戦を4位で終えた。0−2の六回無死一、二塁、ペレスの右前適時打に敵失が重なり同点。なお1死一、二塁から、今江敏晃の左前打で勝ち越した。七回はペレスの左越えソロで加点した。先発釜田佳直は五回に4安打で2点を先取されたが、直後の打線の奮起で5勝目。
 西武は11残塁の拙攻で、8カード連続の負け越し。

 西武−東北楽天17回戦(東北楽天9勝7敗1分け、18時、西武プリンスドーム、13,147人)
東北楽天000003100=4
西  武000020100=3
(勝)釜田15試合5勝3敗
(S)松井裕37試合3敗19S
(敗)高橋光12試合3勝6敗
(本)ペレス2号(1)(野田)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ
<釜田佳直投手(5回2失点で5勝目)>
 「毎回走者を背負い苦しかった。五回は単打4本を浴びたが、大量失点だけはしないように考え、何とか2点でしのげた。前半戦先発を守ってきたし、後半戦も一日一日を大切にして頑張りたい」

☆梨田の話ダ
<さすが職人>
 「守りでだいぶ助けてもらった。職人技だよ。素晴らしい」(七、九回に西武の反撃を断つ好守を見せた藤田を評して)


2016年07月14日木曜日


先頭に戻る