宮城のニュース

<楽天>ペレス連夜の主役 巻き返し起爆剤に

7回東北楽天2死、ペレスが左越えに本塁打を放つ

 東北楽天は前半最終戦を逆転勝利で飾った。立役者は2戦連続の本塁打などで3点に絡んだペレス。初打席本塁打でデビューした助っ人の連夜の活躍に、梨田昌孝監督は「みんなの刺激になっている」と目を細めた。
 0−2の六回無死一、二塁、ペレスは「大きいのを狙わず、いい当たりを心掛けた」。フルカウントからスライダーを狙って打ち右前適時打。右翼が三塁へ悪送球し、一走も生還。さらに敵失が重なり1死一、二塁、今江敏晃の勝ち越し打で一気に主導権を奪った。
 ペレスは七回には新人左腕野田昇吾にソロを見舞う。外角へ逃げるスライダーを逆らわずに左方向へ低い弾道で飛ばした。「柵越えする確証はなかった。行け、と思った」。チームはその裏1点差に迫られただけに価値の大きな一発となった。
 「2日続けてのヒーローインタビューは想像していなかった。最高の気分」と満面の笑みを浮かべたペレス。早くも後半戦に巻き返しを期すチームの起爆剤になりつつある。「与えられた機会に結果を出さないと生き残れない」と、この試合の勝利打点を挙げた今江は危機感を隠さない。今後合流するもう一人の新外国人ペゲロも含め4番ウィーラーの前後を打つ中軸の出場争いは激しさを増しそうだ。(佐藤理史)


2016年07月14日木曜日


先頭に戻る