岩手のニュース

<平野氏自民入り>自民27年ぶり単独過半数

平野 達男氏

 元復興相で無所属の平野達男参院議員(62)=岩手選挙区=が自民党に入党届を提出したことが13日、分かった。近く認められる見通し。平野氏の入党が決まれば、自民党の参院新勢力は122議席となり、27年ぶりに単独過半数となる。憲法改正に前向きな自民、公明両党とおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の改憲4党は計162議席となり、国会発議に必要な「3分の2」を衆参両院で確保する。
 平野氏は12日に党本部で谷垣禎一幹事長と会談。谷垣氏の入党要請に応じた。平野氏は「残り3年の任期があり、立ち位置を明確にする必要がある。与党の一員として政策を前に進める必要がある」と説明した。
 自公両党は連立関係を継続する方針。ただ、国会審議で対応が一致しない場合、自民党だけで法案を成立させる数を得ることになる。公明党幹部は「自公の信頼関係は崩れない」とした上で「自民党が好き勝手にするなら選挙協力を行わない」とけん制した。
 平野氏は北上市出身で東大農学部卒。農林水産省を経て2001年参院選で自由党から初当選。民主党政権で復興相を務め、13年参院選は無所属で3選。今回は岩手選挙区で落選した自民新人を応援した。平野氏が入党すれば、自民党が岩手で参院議席を得るのは24年ぶり。
 10日投開票の参院選で、自民党は追加公認を含めて56議席を獲得。非改選の65議席と合わせ121議席となっていた。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年07月14日木曜日


先頭に戻る