宮城のニュース

<フレッシュ球宴>オコエと平沢 ファン魅了

大勢のファンが見守る中、グラウンドに整列するオコエ(右から3人目)、平沢(13)両選手らイースタン選抜のメンバー

 岡山県倉敷市の倉敷マスカットスタジアムで14日に行われたプロ野球の若手有望選手によるフレッシュオールスターゲームは、イースタン・リーグ選抜に東北楽天のオコエ瑠偉外野手、ロッテの平沢大河内野手(仙台育英高出)ら新人の人気選手が先発出場して注目を集めた。1万5091人のファンを魅了した試合は、イースタン選抜が6−1でウエスタン選抜に勝った。
 1番中堅で出場したオコエ選手は一回の中越え二塁打をはじめ3安打1打点1盗塁と活躍し、優秀選手に選ばれた。5番遊撃の平沢選手も1安打し、華麗な守備を見せるなど、両選手とも勝利に貢献した。
 東北楽天ファンの倉敷市の会社員平野舞さん(22)は「オコエ選手の人気の高さを感じた。若くてパワフル、スター性もあってますます応援したくなった」と話した。
 主催した日本野球機構の広報担当者は「前売り券の売れ行きは好調だった。オコエ、平沢両選手の出場効果があったかもしれない」と語った。


2016年07月15日金曜日


先頭に戻る