宮城のニュース

<フレッシュ球宴>平沢1安打 守備も軽快

3回ウ選抜1死、桑原の打球を処理する平沢

 イースタン選抜の5番遊撃で先発したロッテの平沢大河(仙台育英高出)は攻守に持ち味を発揮した。
 打っては三回、野村(中日)の3球目の直球を引っ張って右前打とした。「甘めの球を少しミスショットしてしまった」とやや反省点も残ったが、「1本出てほっとした」と表情を緩ませた。守備も、七回無死で大城滉二(オリックス)のゴロを難しいバウンドで捕球して一塁でアウトにするなど、軽快な動きを見せた。
 高卒新人として初出場した舞台。「すごく楽しくて、MVPを狙ったが周りの方がすごかった」と振り返る。「次は1軍のオールスターに出られるように頑張る」と飛躍を期した。


2016年07月15日金曜日


先頭に戻る