宮城のニュース

<高校野球宮城>塩釜投打かみ合う

 ▽2回戦(仙台市民)

塩  釜 004030000=7
宮城広瀬 000200000=2


 【評】塩釜の投打がかみ合った。先発中山は8回3安打2失点の力投。打線は三回、星の右中間適時三塁打と清野の右犠飛などで4点を先取し、五回にも3点を加えた。宮城広瀬は4失策と守備が乱れた。

<主将の捕手大山、好リード>
 塩釜の左腕中山が8回を投げ、10奪三振。伸びのある速球に加え、主将の捕手大山の好リードもあり相手打線を3安打2得点に抑えた。「低めの制球を意識させるため、沈むチェンジアップを多く要求した」と明かす大山に、中山は「自分の良さを引き出してくれる」と感謝した。
 3年生の2人は塩釜市玉川中からの仲間。進学後、内野手だった大山が捕手に転向してバッテリーを組んだ。「以前は気持ちにむらがあった」と言う中山に、大山は「彼を変えたい」と服装の乱れを注意するなど生活面から自覚を促した。
 「大山の存在は大きい。次もリードを信じて勝ち進みたい」と中山。頼れる女房役も「制球面などを修正し、流れに乗せたい」とサポートを誓う。


2016年07月15日金曜日


先頭に戻る