宮城のニュース

<B1仙台>石川と楯が加入

楯  昌宗

 バスケットボール男子、B1仙台は14日、Bリーグ2016〜17年の新加入選手として、共にポイントガードで、昨季bj岩手(B2岩手)に在籍した石川海斗(25)のレンタル移籍と、昨季bj高松(B2香川)所属の楯昌宗(28)との契約基本合意を発表した。
 石川は東京出身で、宮城・明成高、日大卒。171センチ、72キロ。13〜15年はNBL日立東京(B1SR渋谷)に在籍。香川と今季契約で合意した後、レンタル移籍となった。岩手では主に先発ガードとして全試合に出場。鋭いドライブを武器にチームのプレーオフ東地区準決勝進出に貢献した。
 楯は岐阜県出身。愛知学泉大卒。178センチ、72キロで、外からのジャンプシュートが持ち味。13〜15年はbj信州(B2信州)でプレーした。
 石川は「(高校時代を過ごした)第二の故郷に帰り、チャンピオンになるため死に物狂いで戦う」、楯は「仙台でプレーできることにわくわくしている。がむしゃらに頑張る」とコメントを出した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年07月15日金曜日


先頭に戻る