宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台育英 圧勝

仙台育英−石巻好文館 4回裏仙台育英1死二塁、佐藤が2点本塁打を放ち、次打者若狭(左)に迎えられる。捕手阿部=仙台市民

 第6日は15日、仙台市民、石巻市民の両球場と大崎市の鹿島台中央野球場で2回戦が行われ、前回大会の覇者で第3シード仙台育英、仙台高専名取、石巻工が3回戦に勝ち上がった。
 仙台育英は石巻好文館を15−0の五回コールドで退けた。一回に1死三塁から内野ゴロの間に先制。7−0で迎えた四回は佐藤の左越え2点本塁打など打者13人の猛攻で8点を奪った。
 仙台高専名取は蔵王に13−1の五回コールド勝ち。一回、山田亮の犠飛などで2点を先取し、二回以降は相手投手の制球難に乗じて得点を重ねた。
 石巻工は村田を10−0の六回コールドで下した。一回に1死満塁から押し出し四球で先制。2−0の三回は相手守備の乱れを突いて一挙4点を挙げた。

 ▽2回戦
石巻好文館 00000= 0
仙台育英  1338×=15
(五回コールドゲーム)

蔵  王   00001= 1
仙台高専名取 2812×=13
(五回コールドゲーム)

村  田 000000 = 0
石巻工  114004×=10
(六回コールドゲーム)


2016年07月15日金曜日


先頭に戻る