福島のニュース

元気に育て!カブトムシ 観察園で「放虫式」

「放虫式」でカブトムシの飛び立つ姿などに歓声を上げる子どもたち=2016年7月14日、福島県田村市のカブトムシ自然観察園

 福島県田村市のカブトムシ自然観察園で14日、今年のオープン(16日)に向けた「放虫式」があり、参加した子どもたちがカブトムシの飛び立つ姿などに歓声を上げた。
 市内の幼稚園や保育所に通う165人が参加。里山を金網で区切った観察エリア(約800平方メートル)に、「虫」にちなんで640匹の成虫を放した。滝根幼稚園の郡司愛琉ちゃん(5)は「少し怖かったけど、つかむことができて楽しかった。また見に来たい」と話した。
 園内の「カブト屋敷」では世界のクワガタムシも展示している。営業は8月21日まで。入場料は一般300円、5歳以上中学生以下250円。水曜休園。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月15日金曜日


先頭に戻る