宮城のニュース

<多賀城ビアサミット>駅前でグイッ!楽しむ

ビールを飲みながら歓談する来場者

 宮城県多賀城市のJR仙石線多賀城駅前のにぎわいづくりに取り組む市民団体「T・A・P多賀城」主催の交流イベント「多賀城ビアサミット」(市共催)が、駅北口で始まった。17日まで。
 駅前に特設テントが設けられ、駅の乗降客や市民らが立ち寄って、ビールを片手に歓談したり、ライブ演奏を楽しんだりしていた。
 駅周辺には今年3月、市立図書館や子育てサポートセンターが入居する再開発ビル3棟が相次いで開館。新たな人の流れを街のにぎわいにつなげようと、昨年に引き続き開かれた。
 「T・A・P多賀城」の加藤則博さん(46)は「昨年より来場者が増え、新たな街の風物詩として市民に浸透してきたと思う」と話していた。
 17日は午前11時から午後8時まで開かれる。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月17日日曜日


先頭に戻る