宮城のニュース

<高校野球宮城>柴田、13回に決勝点

東北生活文化大高−柴田 13回表柴田1死満塁、ベンチから伝令を送られ、マウンド付近に集まる東北生活文化大高ナイン

 ▽2回戦(石巻市民)
柴田
 011000110
 000002020
東北生活文化大高
   0003=7
   0000=4
(延長十三回)

 【評】柴田が延長戦を制した。4−4で迎えた十三回、1死満塁から熊谷のスクイズで勝ち越すと、捕逸と岩佐の中前適時打で2点を加えた。東北生活文化大高は2度同点に追い付く粘りを見せたが、最後は力尽きた。

◎生文大高惜敗 2度追い付く粘り届かず

 春は中部地区予選敗退の東北生活文化大高が、第4シード柴田を慌てさせた。延長十三回の末に敗れはしたが、水沼監督は「選手たちは実力以上の力を出してくれた」とねぎらった。
 先発岡田と2番手沢田が四回までに7長短打を浴びた。それでも何とか2失点でしのぐと、徐々に流れが傾き始める。六回、四球と二つの敵失に乗じ、無安打で同点とした。
 守備の乱れから失点し、2−4で迎えた八回。1死から2年生の山際が右中間三塁打を放ち、「チームを勢いづける」と燃えていた阪口の左前適時打で1点差。その後、スクイズで再度追い付いた。
 九回からは足のけがが癒えた主戦カーンが登板。延長十二回まで気迫の投球を披露したが、十三回に3点を失い大勢は決した。「絶対に抑えるつもりだった」とカーンは悔しげ。阿部主将は「笑顔で全力プレーを貫けた。後輩に引き継いでほしい」と涙をぬぐった。
 その思いは伝わっているようだ。山際は「(実力校を相手に)個々の力では負けていたとしても、チームとしては十分渡り合えることを教わった」と実感を込める。
 スタンドを大いに沸かせた粘りがチームの未来に生かされるなら、この日の敗戦は価値あるものになる。(佐々木貴)


2016年07月16日土曜日


先頭に戻る