宮城のニュース

<高校野球宮城>涌谷好機に着々加点

 ▽2回戦(仙台市民)

涌  谷
   002110013=8
   000010000=1
宮城水産

 【評】涌谷が着実に好機を生かした。三回2死満塁から菊地の適時打で2点を先取。5−1の九回は佐々木亮や阿部の適時打などで3点を奪い、ダメを押した。宮城水産は五回に1点を返すのがやっとだった。
 涌谷・菊地(三回2死満塁から右前に先制の2点打)「コンパクトなスイングを意識し、内角低めの直球をうまく打てた。(九回には)スクイズを失敗してしまったので、1点を大切にする気持ちで修正したい」

 宮城水産・飯渕主将(春は連合チーム、夏は9人で出場。学校の野球場に仮設住宅があり、校庭などで練習)「冬はひたすらバットを振り込んだので、好機で一本出なかったのが悔しい。1、2年生は来年1年生が入ると信じて練習し、初戦突破してほしい」


2016年07月16日土曜日


先頭に戻る