宮城のニュース

<高校野球宮城>中盤得点佐沼快勝

 ▽2回戦(石巻市民)

仙台三000000000=0
佐 沼00013000×=4

 【評】佐沼が快勝した。四回1死一、三塁から塚本のスクイズで先制すると、五回は押し出し四球と敵失などで3点を加えた。仙台三は打線が佐沼・塚本の前に4安打と振るわず、無四球完封を許した。

 <シードの仙台三を4安打完封>
 佐沼が第5シード仙台三を破った。4安打完封した塚本は「直球が走っていたので、それで押した」。奪三振は3と少ないが、無四球と制球は抜群で、テンポ良く打たせて取った。
 一昨年は決勝に進出した。当時1年生だった塚本はベンチ入りし、大一番を経験した。当時の先輩たちからは「諦めない気持ちを受け継いだ」と言う。
 茂泉監督は勝因に塚本の力投を挙げた。今大会はこれで2勝。「1戦ずつチームがまとまってきた。一昨年と似たような雰囲気になってきた」と快進撃の再現に向け手応えを口にした。

 仙台三・岡田主将(第5シードながら初戦敗退)「自分も含め、序盤にミスが出てバタバタしてしまい、最後まで続いた。シード校だったので『今年こそは』というOBの期待に応えたかった」


2016年07月16日土曜日


先頭に戻る