岩手のニュース

<参院選岩手>木戸口氏「生活」に所属へ

 10日投開票の参院選岩手選挙区(改選数1)で、野党4党の推薦を受けて初当選した無所属新人の木戸口英司氏(52)は15日、「共鳴する理念や政策の実現に取り組みたい」として、国会活動は党籍がある生活の党に所属する意向を明らかにした。
 同日あった民進、共産、社民、生活4党県組織の実務者会議で了承された。木戸口氏は「幅広く支持を得たい」と無所属で立候補したが、4党は木戸口氏が当選した場合の所属政党について「本人の意思に委ねる」としていた。
 参院の所属会派については、社民、生活両党が統一会派を組む方針を決めたことを受け「協議の推移を見守った上で適切に対応する」と述べた。
 小沢一郎代表(衆院岩手4区)率いる生活は、改選となる参院議員2人が退くが、木戸口氏と新潟選挙区の同党系の無所属元議員が当選し、比例代表でも1議席を獲得。衆院議員2人と非改選参院議員1人と合わせ政党要件維持が確実となっている。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年07月16日土曜日


先頭に戻る