宮城のニュース

<高校野球宮城>塩釜意表突く攻め

塩釜−富谷 4回表塩釜1死一、二塁、佐藤の内野ゴロが敵失を誘い二走瀬戸が生還、3−0とする。左は次打者中山

 ▽3回戦(仙台市民)
塩釜 000310000=4
富谷 000002000=2

 【評】塩釜が逃げ切った。四回、無死満塁から瀬戸の2点左前打と敵失で3点を先取し、五回に1点を追加。中山が六回に2点を許しながらも完投した。富谷は塩釜と同じ8安打を放ったが、及ばなかった。

◎中軸がバント流れつかむ

 塩釜が中盤、中軸打者の思い切ったバント攻めで流れを呼び込み、春の県大会2回戦で敗れた富谷に雪辱。「同じ相手には負けられない」(大山主将)と意地を見せた。
 0−0の四回、2番星が中前打で出塁すると、3番大山主将が、百々(どうどう)監督が出したサイン通り、セーフティーバントを決めて無死一、二塁。「とにかく走者をためたかった」と言う4番清野も投前にセーフティー気味にバントし、送球ミスを誘った。
 無死満塁で、5番瀬戸が「試合を左右する場面。好機をつくってもらった」と発奮し、外角のスライダーを捉えて左前に2点打。その後のスクイズバントは三走がサインを見落としてスタートが遅れ、投ゴロとなって失敗したが、さらに敵失で1点を加えた。
 普段のバント練習は多くないが、打撃の前に1球だけバントをする。失敗しても繰り返さず、「1球しかできない重圧がある」(清野)。緊張感の中で養った集中力が試合で生きた。
 4回戦は春に東部地区予選で勝った登米と対戦する。「今度は相手がリベンジする気持ちで向かってくると思うが、それを上回る精神力で戦う。(2年前に4強入りした)先輩たちを超えたい」と語る大山主将らナインに油断はない。(及川智子)

<シード富谷、ミスに泣く>
 第5シード富谷がミスに泣いた。春の県大会は5−1で勝った相手に敗れ、佐々木監督は「うちらしくない試合だった」と厳しい表情。
 0−0の四回、無死一塁から投前にバント安打を決められ、「焦ってしまった」と主戦菅原。さらに次打者の投前バントの処理で「三塁で刺せるか」と一瞬迷い、一塁への送球が遅れ(記録は犠打失策)、無死満塁とピンチを広げた。その後、2点適時打と内野ゴロ失策で計3点を奪われた。
 佐々木監督は「足とバントには警戒するよう伝えていた。ミスを多くした方が負ける」と残念がった。


2016年07月17日日曜日


先頭に戻る