福島のニュース

<海開き>いわきで一足早く砂浜遊び

勿来海水浴場の波打ち際を走る子どもたち
勿来海水浴場の海開き式でフラを披露する高校生=16日、いわき市

 福島県いわき市の勿来、四倉の両海水浴場が16日、海開きした。市内の他の海水浴場8カ所は津波被害の復旧工事が行われており、4年続けて2カ所だけとなった。
 勿来の海開き式では、市内の4高校のフラチームが踊りを披露し、市の観光をPRする「サンシャインガイドいわき」の女性が海開きを宣言。早速、親子が砂浜で遊んだり、高校生や若い女性らが海で波に体を預けたりした。
 栃木県から訪れた消防士金田達也さん(33)は「4歳と2歳の娘は初めての海。楽しみたい」と話した。
 市によると、海水の放射性物質濃度は両海水浴場とも不検出。8月16日までの遊泳期間中も検査する。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月17日日曜日


先頭に戻る