福島のニュース

<ガイナックス>政宗アニメ第2話完成

約100人が集まった試写会

 東京電力福島第1原発事故からの復興や、観光振興を目的とした伊達市と福島ガイナックスの共同制作アニメ「政宗ダテニクル」の第2話が完成した。
 第2話は約15分で、主人公の仙台藩祖、17代政宗が歴代当主と融合し、新たな力を得て敵と戦う。劇中にも登場する梁川八幡神社近くの野外会場で、6月にあった試写会には約100人が集まった。
 総合監督を務める福島ガイナックスの浅尾芳宣社長はトークショーで「神社に3度通い、石畳の色などを忠実に再現した」などと作品への思い入れを語った。
 上映後、同市の会社員曵地一子さん(60)は「想像より本格的なアニメで驚いた。身近な名所や地域が登場し楽しめた」と話した。
 第2話は、動画サイトで配信されている。


2016年07月17日日曜日


先頭に戻る