宮城のニュース

<ベガルタ>GK関、スーパーセーブで救う

新潟―仙台 後半21分、仙台のGK関(奥)が新潟のPKを好セーブ

 後半、同点とされた後の新潟のPKを仙台のGK関がしっかり防ぎ、直後の奥埜の勝ち越し点を呼び込んだ。前半にも新潟の決定機でスーパーセーブを見せた救世主は「最近は負けて悔しい思いしかしていなかった。勝てて良かった」と表情を和らげた。
 PKの場面は「最後の最後まで(相手の足を)見ていた」と冷静だった。右に飛んでシュートをがっちりキャッチ。直後の攻撃につなげた。
 リーグ戦4連敗中だっただけに「きょうの勝利はでかい。波に乗って、もっとサポーターのみなさんに喜んでいただきたい」と奮起を誓った。


2016年07月18日月曜日


先頭に戻る