宮城のニュース

<B1仙台>「黄色で会場染めよう」初の公開練習

ブースターの前で気合のこもったプレーを披露する菊池(左)と坂本

 バスケットボール男子、B1仙台は17日、仙台市のHALEOドームで、今季(Bリーグ2016〜17年シーズン)初の公開練習をした。
 昨季から残留した5選手と、今季新加入の坂本の計6選手が参加。約2時間、ジャンプやダッシュのトレーニングやシュート練習などで汗を流した。1対1の対戦形式のメニューでは、シュートが決まるたびにブースター約200人から大きな拍手が送られた。
 同市若林区の会社員村上誠一さん(46)は「仙台の顔はやっぱり志村。今季もアグレッシブなプレーで頑張ってほしい」と語った。
 チームは練習後、今季のスローガン「B. THE YELLOW」を発表。Bリーグ開幕に当たり、チームカラーの黄色で会場を染め、全員が一つになって戦うという意味を込めた。志村は「シーズンの最後は、(Bリーグの)一番上に立って、黄色のブースターと喜びたい」と意気込んだ。


2016年07月18日月曜日


先頭に戻る