宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台延長10回制す

仙台一−仙台 10回裏仙台2死三塁、サヨナラ打を放った笹口(中央)が仲間に囲まれて喜ぶ

 ▽3回戦(仙台市民)

仙台一2000000000 −2
仙 台0001010001x−3
(延長十回)

 【評】仙台が延長サヨナラ勝ちした。2−2の十回、高橋遼の内野安打などで2死三塁とし、笹口が左越えに決勝打。中盤は捕逸や暴投で追い付いた。仙台一は一回に2点を先取したが、以降は決定打を欠いた。

◎2年生躍動同点劇生む

 延長十回の2死三塁、仙台の4番笹口が放った打球は左翼に上がった。「越えろ」。一塁へ走りながら念じると、打球は背走する野手の頭上を越えた。サヨナラ勝ちに沸く仲間にもみくちゃにされ、はち切れんばかりの笑顔を見せた。
 前の4打席は無安打だったが、2四球を選ぶなど冷静で「ボールは見えていた」。そして迎えた延長の5打席目。初球のカーブを空振りしたことで「もう一度カーブが来る」と読んだ。1ボール2ストライクからの4球目、狙い通りの球を思い切り良く引っ張った。
 先発メンバーのうち3年生は高橋遼主将ら3人だけで、この日は笹口や左腕佐藤、茅野ら6人の2年生が躍動。佐藤は10回2失点で完投し、茅野は六回に左前打で2死満塁とし、暴投による同点劇につなげた。
 高橋遼主将は「頼りになる下級生がたくさんいる」と話す。春先に3年生の主戦と控え投手が負傷離脱したが、逆に全員で結束する意識が芽生えたという。
 4番の責任を果たし、笹口は「期待してくれた先輩たちに一つ恩返しできた」とうれしそう。互いを信頼して融合したチームは、次の佐沼戦も目標に「一戦必勝」を掲げ、一丸となって臨む。(原口靖志)

<仙台一の双子、最後の夏に悔いなし>
 仙台一の3年生の双子兄弟、青木汰志郎と洸志郎が共に先発出場した。兄は2年生投手3人を好リード。一回には兄の右前打などで築いた2死満塁の好機で弟が先制の2点打を放つなど攻守に活躍したが、及ばなかった。
 兄は「2人で打って得点でき、最後としては良かった」と振り返り、弟も「攻守に2人で頑張れた」と悔いはない。仙台市東長町小3年から一緒にプレーするが、大学進学後も続けるかどうかは未定。2人は「機会があれば、また一緒にやりたい」と話した。


2016年07月18日月曜日


先頭に戻る