青森のニュース

自転車爽快 下北260人が快走

むつ市役所を出発する参加者

 青森県の下北半島を自転車で巡るイベント「第5回下北半島ロングライド」が17日あり、全国から集まった約260人の参加者が下北の自然豊かな景色を楽しみながら快走した。
 参加者は、下北半島をくまなく巡る日本最長の310キロのコースや、下北の食べ物を満喫する100キロのグルメライドコースなど計6コースに分かれてスタート。グルメライドコースでは、大間町で大間産クロマグロ(ホンマグロ)を頬張り、風間浦村でイカやウニを堪能した。イベントを主催した青森市の元プロレーサー山内春樹さんは「自転車を楽しみながら青森のいいところを肌で感じてほしい」と話した。


関連ページ: 青森 スポーツ

2016年07月18日月曜日


先頭に戻る