岩手のニュース

<海開き>船越湾「隠れ家」に夏到来

久しぶりの水の感触に歓声が上がった

 岩手県山田町の船越湾の隠れ家的なスポットとして知られる荒神海水浴場が17日、海開きした。東日本大震災後の2014年に復旧し、今年で3回目。
 浜を見守るように立つ荒神社で12日に安全祈願祭を行い、17日は待ちかねていた地元住民らが約150メートルの白い砂浜で水遊びを楽しんだ。
 毎年海開きの日に訪れるという山田中1年福士春佳さん(12)は「やっぱり山田の海はきれい。まだ水は冷たいけれど、山田の夏が始まったなと実感します」と話した。
 荒神海水浴場は湾口側に岩がせり出していたため津波被害が少なく、復旧が早かった。14年には約3500人、昨年は約5000人が訪れ、震災前のにぎわいが戻りつつある。
 遊泳期間は8月21日までの午前9時〜午後4時。仮設のシャワー室や更衣室を無料で利用できる。


関連ページ: 岩手 社会

2016年07月18日月曜日


先頭に戻る