福島のニュース

図書館で切り付け4人けが 傷害容疑で男逮捕

 18日午後4時ごろ、福島県二本松市の市立図書館で、図書の貸し出しを断られた男がナイフで職員や利用者を切り付け、4人がけがをした。いずれも軽傷で命に別条はない。二本松署は傷害の疑いで、福島市松川町、自称アルバイト平野良容疑者(34)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、携帯していた折り畳み式ナイフで男性館長(51)=二本松市=や止めに入った利用者の男性(62)=同=の手などにけがを負わせた疑い。二本松市の図書館女性嘱託職員(55)と利用者男性(33)もけがをした。二本松署によると、平野容疑者は容疑を認めているという。
 二本松市教委によると、図書を借りられるのは市民と市内への通勤、通学者に限られている。図書館側が「貸し出しは難しい」と説明すると、いったん外に出た平野容疑者がブロックを手に引き返し、カウンター内の女性職員らに襲い掛かった。利用者らが止めに入ると、今度はポケットからナイフを取り出して切り付けてきたという。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月19日火曜日


先頭に戻る