宮城のニュース

ケルヒャージャパンが本社移転  大和→横浜

 高圧洗浄機メーカーのケルヒャージャパンは19日、宮城県大和町の本社を来年7月、横浜市に移転すると発表した。同町にある修理や販売などの拠点は残す方向で検討する。
 横浜市港北区に新社屋を建設し、人事などの総務部門を移す。移転に伴う人員規模は未定。同社の担当者は「事業規模が拡大し、取引先が多い関東圏に本社を置くことにした。東北の拠点として必要な修理や点検、販売部門は残すことになると思う」と説明した。
 同社は1988年設立。94年に本社を東京から同町の仙台北部中核工業団地に移した。従業員は全国で約340人。うち本社は修理センターを含め約100人。同じ敷地内にある仙台支店には約10人が勤務する。
 同町産業振興課の担当者は「移転方針は知らなかった。経営判断ではあるが、地元の雇用は守ってほしい。町としても情報収集に努めたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月20日水曜日


先頭に戻る