宮城のニュース

<楽天>リーグ後半戦 黒星発進

 東北楽天は打線が振るわず、リーグ後半戦の初戦を落とした。打線は先発メンドーサに七回まで散発3安打無得点に封じられ、八回に2番手宮西尚生から藤田一也の中前適時打で1点を返すのがやっとだった。先発則本は一回に4短長打などで2失点、二回に1失点と、序盤のつまずきが響いた。
 日本ハムはリードを投手陣が守り切った。

 日本ハム−東北楽天12回戦(日本ハム9勝3敗、18時1分、札幌ドーム、24,989人)
東北楽天 000000010=1
日本ハム 21000000×=3
(勝)メンドーサ17試合6勝4敗
(S)マーティン37試合1勝11S
(敗)則本17試合9勝5敗

☆梨田の話ダ
<自信を付けて>
 「フェルナンドはストライクをどんどん積極的に振った。宮川は心臓がばくばくいっていただろう。こういう試合でも、若い人は自信を付けてくれたらいい」(この日昇格し、持ち味を発揮した2選手に)


2016年07月20日水曜日


先頭に戻る