宮城のニュース

<高校野球宮城>東陵圧勝、8強へ

5回裏東陵2死一、二塁、阿部が右越えに2点適時三塁打を放ち、5−1とする=石巻市民

 第10日は20日、仙台市民、石巻市民の両球場で4回戦が行われ、東陵と登米がそれぞれ勝って準々決勝進出を決めた。
 東陵は0−1の一回、伊藤と阿部の適時打でリードを奪うと、3−1の五回には阿部が2点三塁打を放って点差を広げた。さらに七、八回にも追加点を奪ってコールド勝ちした。主戦八鍬は8回1失点の好投を見せた。
 登米は2−3で迎えた八回、佐藤の2点適時打などで一挙に5点を奪って逆転。九回の塩釜の反撃を2点でしのぎ、そのまま逃げ切った。

 ▽4回戦
泉松陵 10000000 =1
東陵  20102021×=8
(八回コールドゲーム)

塩釜 000001112=5
登米 00000025×=7


2016年07月20日水曜日


先頭に戻る