青森のニュース

<ご当地グルメ>十和田バラ焼きがポテチに

ポテトチップス「十和田バラ焼き味」をPRする関係者

 食品酒類卸売の丸大堀内(青森市)と湖池屋(東京)は8月1日、十和田市名物を生かしたポテトチップス「十和田バラ焼き味」を全国発売する。袋の絵柄に十和田湖の写真などを載せ、十和田観光もPRする。
 まちおこし団体「十和田バラ焼きゼミナール」の監修の下、バラ焼きの甘辛いしょうゆだれ、牛バラ肉とタマネギのうま味を再現した。55グラム入り、参考小売価格120円。初回は18万袋を販売する。
 15日に同市を訪れた湖池屋企画商品課の辻憲章さん(26)は「たれのうま味とタマネギの甘味を楽しんで」とPRし、丸大堀内の堀内剛博社長(41)は「青森県・函館デスティネーションキャンペーンに乗っていければ」と期待を語った。
 バラ焼きゼミナールリーダーの畑中宏之さん(52)は「十和田への思いがいっぱい詰まっている」と商品化を喜んだ。


関連ページ: 青森 経済

2016年07月20日水曜日


先頭に戻る