宮城のニュース

<藤崎>九州のうまいもん一堂に

九州の名産を集めた「夏の九州うまいもん市」

 九州・沖縄8県の名産を集めた「第3回 夏の九州うまいもん市」が21日、仙台市青葉区の藤崎本館7階催事場で始まった。26日まで。39店が総菜や弁当、菓子など自慢の逸品を販売する。
 熊本地震の被災地を支援しようと、「食べて応援!熊本のうまかもん」コーナーが設けられた。地震の影響で2週間ほど操業できなかった熊本市の「森からし蓮根(れんこん)」の森裕子代表は「県外から多くの注文があり、助けられた。仙台の人たちに商品を紹介できる機会を得られて、非常にありがたい」と話した。
 大分県の温泉地、湯布院で人気の3旅館で製造、販売される甘酒や鶏そぼろなどが初めて登場し、多くの人が買い求めていた。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月22日金曜日


先頭に戻る