宮城のニュース

<楽天>ブリガム踏ん張れず

5回、日本ハムに同点とされ、先発のブリガム(右から2人目)のもとに集まる東北楽天ナイン

 東北楽天のブリガムが先発枠生き残りに失敗した。踏ん張りどころの五回、4長短打に四球と失策も絡み、大量5失点。「ここまで苦しい結果は初めてかも」。自身もチームも初めて踏み入れた帯広の地で、つらい記憶が土産になった。
 立ち上がりから地方球場特有の軟らかいマウンドに苦しみ「ストライクが思うように取れなかった」。とどめとなったのは五回2死一、三塁、大谷翔平(岩手・花巻東高出)に喫した3ラン。内角狙いの速球が甘く入り、右中間へ軽々と運ばれ勝ち越しを許した。
 「投げミスしたら打たれる。そういうクオリティーの打者」とうなだれた助っ人右腕。梨田昌孝監督は「大谷は1、2打席目は(三振と)全くタイミングが合っていなかったのに。もったいない」と残念がった。
 直接の形としては大谷に屈した敗戦だが、直前の五回、5連続短長打で2点しか奪えなかった拙攻がもう一つの敗因だ。右前打を放ったペレスは一塁をオーバーランし1死。適時二塁打のウィーラーは三盗失敗で2死。両者が塁上に残っていれば、今江敏晃の本塁打はソロでなく3ランだった。
 両軍とも11安打1本塁打でも結果は6点差。首位の背中が見えてきた2位と、3位が遠くにかすむ4位との勢いの差が現れた。(佐藤理史)


2016年07月21日木曜日


先頭に戻る