宮城のニュース

<楽天>中盤突き放され2連敗

 東北楽天は中盤に突き放され2連敗。3−2の五回、先発ブリガムが大谷翔平の3ランなど4長短打を浴び、5失点。ブリガムは5回7失点(自責点6)で3敗目。打線は1−2の五回、今江敏晃の移籍後初本塁打など5連続短長打で一時逆転したが、ペレスとウィーラーの走塁死が痛かった。
 日本ハムは3連勝で、貯金を今季最多の20に伸ばした。

 日本ハム−東北楽天13回戦(日本ハム10勝3敗、13時、帯広、12,294人)
東北楽天010020000=3
日本ハム11005011×=9
(勝)谷元33試合2勝2敗
(敗)ブリガム11試合3敗
(本)今江1号(1)(白村)=5回、大谷11号(3)(ブリガム)=5回

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(五回に崩れたブリガムに)>
 「大谷には内角へ投げ切らないといけなかった。あの場面を乗り越えないと勝てない。それを覚えてほしい」

☆梨田の話ダ
<気持ちは買うけれど>
 「次の塁を狙う気持ちは買うけれど、アウトになってはいけない。スタートは良かったが、足が遅かったね」(五回にノーサインで三盗を狙うも失敗したウィーラーに)


2016年07月21日木曜日


先頭に戻る